手塩にかけた娘【同人】はどこで購入できるのか?

メニュー

サキュバスとはセックスを通じて男性をいざなうた

サキュバスとはセックスを通じて男性をいざなうために女性の姿をした形で夢に出現する民間伝承における空想の存在。
男性型はインキュバスと言われている。三月にチンジャオ娘×小桜クマネコの作品『手塩にかけた娘』が発売されます。

手塩にかけるとは少量の食塩のこと。汚れたものを祓うために供えられていたものだが、料理の塩加減を調整するためにも用いられた。
そこから派生して自分で育てることを手塩にかけるというようになった。

同人誌とは明治時代初期に同じ志を持った仲間同士が集まって、同人雑誌というものを作っていた。同人誌イコールエッチなものやことではない。なぜ同人=エロなのかというと同人の世界ではエロが一番人気のあるジャンルだからです。
毎月1冊は同人誌を出して500部前後販売出来たら月20万以上稼げるレベルのようです。小桜クマネコ。
大食いの女の子のイラストを描くのが特質。小食OLのイラストをよく書いている。チンジャオ娘との共同作品ガリガリ娘のヒロインは最初ガリガリだったが、大食いになり、とんでもないおなかになっていた。
いじめっこ女子と無人島に漂流したらではむちむちしたJKを描いていた。

サキュバス呼んだら母が来たに出てくるキャラクターを紹介。


森田タカシ。
男子高校生でいまだに童貞。母親の裸を見て勃起すらしない。
森田惠利、タカシの母。

女子力もない母親。エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。それはタカシの母親だった。行き遅れBBAの企画と原案をしているチンジャオ娘はDMM同人サークル(活動の規模や頻度は、その集団によってまちまちでしょう)ランキング1位である。同人誌のイラストを担当してる人は達磨さん転んだ。

チンジャオ娘の同人がなぜ人気かというとどこにでもい沿うな女の子がエッチな出来事に遭遇し、エッチの気もち良さに溺れていく王道的なストーリーが特質的だからです。「神の乳母〜異形に奪われた妻〜」みたいなエログロな作品持たまにあります。


チンジャオ娘とエンガワ卓のコラボ同人誌サキュバスよんだら母が来た!? 発売は来年予定!マスターベーションを72時間禁止すると呪文を口ずさむとサキュバスが召喚できる。ということを分かったタカシはマスターベーションをしなかった。



そして召喚したのはなんと自分の母親だった。
サキュバス喚んだらを読むならbookliveコミックがおすすめ。その所以は先行独占配信されるからです。bookliveコミックでは1ヶ月目の料金が無料。

エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来たの絵を担当。



エンガワの絵の特質はムチムチしてボインな女の子。

サキュバスよんだらに現れる母も巨乳でムチムチ。


チンジャオ娘とコラボした作品は合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜 などがある。

関連記事